神経・精神専門外来|世田谷区経堂のほあしこどもクリニック|神経発達、育児・心理相談

完全予約制 夜尿症専門外来予約

神経・精神専門外来

神経・精神専門外来では、ことばや発達の遅れなど神経系の発達についてはもとより、「熱性けいれんを繰り返す」「熱がないのにけいれんをおこした」「脳波異常を指摘されている」など、けいれんやてんかんに関する相談・治療も行っています。
けいれんの診断に必要な脳波検査や血液検査なども、直接当クリニックで行えます。どうぞご安心してお越し下さい。

精神・神経専門外来とは

 精神・神経専門外来は、小児の神経科および精神と心療内科領域の診療を行います。ことばの発達障害をはじめ、けいれん・てんかん、運動・知能・感覚・行動など神経をはじめ、脳や筋肉に何かしらの異常をきたしているお子さま、パニック障害、自閉スペクトラム症、ADHD(注意欠如・多動性障害)、発達障害、うつ病など、気持ちが不安定なお子さまの診察・治療を行っています。また、お子さまの発達について、ご心配な方のご相談もお受けいたします。

お子さまが抱えるこころの不安もご相談ください

 当診療科の中でも、けいれんやてんかんに関しては、これまで数々の症例を見てきており、多くの患者さまは主治医方から相談を受けているほか、検査や治療も行っています。
 また、子どもはストレスを受けた際の対処の仕方が成人のように確立していないことも多く、こころの負担から身体的な症状を訴えることが多々あります。お子さまが心理的要因と思われる体調不良とみられる場合はもちろん、明らかにこころの病気だと思われる場合も躊躇することなく、ご相談ください。

このような症状はご相談ください

 ひきつけがみられる、意識がおかしい、頭を痛がっている、首のすわりや歩くのが遅い、よく転ぶ、歩き方がおかしい、まぶたが下がっている、眼球の動きが変である、ことばが遅い、話さなくなった、落ち着きがない、つらくて朝起きられない、眠れない日が続く、日中の居眠りが多い、検査では異常はないが、頭痛や腹痛といった体調不良がある、学校に行かなくなった(不登校)、常にイライラしている、こだわりが異常に強い、対人関係がひどく苦手、集団生活になじめない などなど。